北大生のお部屋探しは北大生協ルームガイド

お問い合わせ/Tel. 011-758-9550 サイトマップ
お問い合わせ/Tel. 011-758-9550

札幌の暖房と暮らし

暖房機(ストーブ)について

北大生協ルームガイドで紹介するお部屋にはすべて暖房機(ストーブ)が設置されています。
その年の気温にもよりますが、平均すると一年のうち10月から翌4月までは使用することになります。

ストーブは壁側に固定されています

お部屋に設置されている暖房機を動かすこと(移動)はできません。
北海道の暖房機は、ガスや灯油などの燃料を燃焼させることで室内の空気が汚れて酸欠になるのを防ぐために、壁に穴をあけて吸排気のダクトを取り付けて固定しています。(FF式ストーブといいます)。
暖房ストーブを移動させることはできませんので下見の際は設置されている位置を確認しておきましょう。また、窓のカーテンをあらかじめ購入する際は、ストーブの設置位置によりカーテン丈の長さに制限が出ることもあるのでご注意ください。窓下に暖房機がある場合などは、ストーブにカーテンがかからないよう丈は短めでなければなりませんので十分お気をつけのうえ購入してください。

ストーブの燃料

暖房(ストーブ)の燃料はおよそ4種類です。
1.「灯油」
2.「都市ガス」
3.「LP(プロパン)ガス」
4.「電気」

基本的に燃料の種類によって使える暖房機が違います。物件や建物によって使われている暖房ストーブはマチマチですから暖房代もおのずと異なります。一年のうち約6~7か月間は暖房が必要な札幌では、思っていた以上に暖房代が高くついた、ということもありますので、お部屋を選ぶ際はストーブの燃料を確認しておきましょう。また、札幌の1月・2月は昼間でも氷点下の日が続き、水道管の凍結を防ぐ意味でも暖房費がそれなりにかかりますのでご承知置きください。

ストーブの燃料の補充方法

ルームガイドがご紹介している物件は、自分で燃料の補充をする必要はありません。灯油の場合も部屋まで配管されておりメーター方式になっています。ガスも同様です。
ストーブは毎年大家さんが点検整備をしているのでスイッチを押す(入れる)だけで点火します。入居後すぐに使えるようになっていますのでご安心ください。

燃料代の目安

2021年現在、灯油暖房が比較的安価といえます。しかしながらガスや電気でも近頃は価格競争があり、料金の明瞭化も進んでいますので昔ほどその差はなくなってきています。お得な料金プラン設定物件もあり、一概にガスだから高いとは言えなくなっています。
オール電化の物件は基本料金がかかるのは電気代だけなので結果的に安くつくということもあり人気があります。しかし氷点下の真冬日が続く時期は、ガスや灯油といったパワフル暖房機の暖かさは群を抜くので寒冷地の人は多く利用しているのも実情です。

冬期間の暖房費の目安は、灯油で月5,000円前後、都市ガスで月6,000円前後、LPガスで月7,000~9,000円前後、オール電化マンションの電気代は月2,000円~10,000円位と個人差が大きいようです。

本州の方から「コタツだけで大丈夫でしょうか?」と聞かれますが、厳冬期にストーブを使わずにコタツだけで過ごすことはできません。暖房ストーブをお使いください。